投信積立の見直し

メイン証券を楽天証券に移行し、2018年分からNISA口座も楽天証券に。
野村證券で投信積立をしていましたが、野村での積立は中断し、
新たに、楽天証券での積立に移行することにしました。

野村証券では、『のむラップファンド(普通型)』を2015年11月~積み立てていました。
普段使わない銀行口座からの自動振替指定にしていたため、残額がなくて、引き落としできてないときもあったのですが、
月1万円で、
特定口座に15か月分、NISA口座に7か月分、合計22か月分を積立ました。

買付累計金額が、220,167円 (分配金含む)
運用損益が、+12,337円
という状況です。

時間経過が、約2年で、+5.6%。いいのか悪いのか、判断が付きません、、、。


同じファンドで、長期間積み立てることが、投信積立のメリットだと思いますので、正直積立中断することは悩みました。(実際、NISA口座を楽天証券に移した1月より4か月も経過してしまいました)

しかし、せっかくあるNISA口座のメリットを生かしたいと思い、
また、投信積立できるファンドはたくさんあるので、今のファンドに固執することもない、と思い直しました。


野村証券での積み立ては、4月引き落とし分までで中止、
楽天証券で、どのファンドを積み立てようか、、、決めきれず、申し込んでいなかったのですが、
とりあえず、人気の『ひふみプラス』に月3000円申し込みました。6月から銀行引き落としです。
5年のパフォーマンスが+150%って、すごいですね。2017年から純資産額も急加速して増加しています。

とりあえず、3000円にとどめたのは、ほかのファンドも積み立てしてみたいからです。
今、興味があるのは、米国株式です。
株ブログランキング拝見すると、上位の方は、米国株式が多いです。→にほんブログ村 株ブログ

米国株式、さすがに気になっています。
個別銘柄へ投資するには、勉強が足りないと思います。日本株でいっぱいいっぱいです。
そのため、「上場投資信託」と呼ばれるETFなどに興味があります。
まだ、興味があるものの情報収集不足なので、もう少し知識を蓄えてから、
米国株式比率の高い投信を選んで、積立投資してみたいと思っています。

というわけで、いろんな株ブロガーさんの記事は大変参考になっています。ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ
にほんブログ村女性投資家
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です