2018年4/23までの利益途中経過

年始からの確定損益の途中経過を、チェックしてみました。

□4/25までの実現損益 22,039円

野村證券 16,896円

楽天証券 5,143 円

□4/25までの配当金 3,470 円

野村證券 1,350 円

楽天証券 2,120 円(税引後)

□4/25までの貸株料 53円

楽天証券 53 円

□総合計 25,562円


損切り価格について

ちなみに、楽天証券では、利益合計24,840 円損失金額合計-19,697 円、で5,143円となってます。損失は、藤倉ゴム損切り分です。

損切りすると、保有株の評価損益が改善する点でモチベーションにプラスですが、当然ながら実現益には影響大。

暴落局面での資金管理、特に資金を守る観点ではなくてはならない行動だなと思う反面、こまめに損切りしていては、資金を失うだけ。購入時にチャートをよく見て、節目の金額を損切り価格にする、その設定が重要なのかなと思います。


収益合計について

とりあえずパフォーマンスを確認するために、特定口座、NISA口座ごちゃ混ぜで算出してみましたが、結果は

売却益と配当金と合わせて、130万の資金で、25,562円 約2%の収益。

評価損益が、今日現在16,000円 約1%。

3月末権利落ちの配当金の入金などはこれからですが、目標は7%です。

目標には縛られすぎないようにはしたいと思ってますが、とりあえず進捗確認できた。

去年までは、年計マイナスだったので、そういう意味では合格点。

でも、もっと勉強しよう。

ブロガーさんたち拝見してると、私はちょっと利益の歩みが遅すぎると思います↓いつも参考にしてます

にほんブログ村女性投資家

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です