売却タイミング

1月までに購入した銘柄は含み損が徐々に縮小し、2月に購入した銘柄は少しずつ含み益が出来ています。問題はいつ売却益に変えるか、です。

2018年の目標は、売却益を月1万円目安で出すことです。進捗状況は良くない(また、6千円くらい)ですが。

100万円強の運用で、中長期で保有するものと短期のものとありますが、資金全体1%の1万円売却益出せればという単純な計算での目標数値です。

一回の売買は10万前後が多いので、一度の売買金額で考えると、10%の値上がり益が目安となります。

実際のところは、10%というのは、なかなか上がりにくく、値下がりリスクも大きい現在のような相場では、4〜8%でも利益確定させるほうが良さそうです。

2月に購入のタムラ製作所は、早めに確定させ、+5400円、+6.5%の利益でしたが、その後値下がりしたので、良かったかなと思っています。

最近購入の銘柄で含み益に転じているのは、カシオ、パナソニックあたり、

藤倉ゴムもナンピン買いしましたので、上がってくれるといいかなというところ。

アメリカ、北朝鮮、英露、日本国内と政治不安による不安定さもある中で、どの程度値上がり期待してよいものか、ふたたび下落に転じる時に利益確定どこでするか。

売却のタイミングで、迷いそうです。

いずれにしろ、余力をつぎ込んで、安値で仕込んだので、どうか値上がりしてほしいです。

冷静さを取り戻したいときは、ほかの株ブロガーさんたちを参考にさせていただいてます。↓

にほんブログ村株ブログ
にほんブログ村女性投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です