【気になる銘柄】タムラ製作所

久々に銘柄研究。いつも株たんでチェックしています。今回は、電子部品のタムラ製作所について。10万円以下銘柄です。

株たんの特集記事はよく目を通します。今回は2/17の大相場の足音――「パワー半導体関連」仕込み場のワケ<株探トップ特集>

12/27の

特集】富田隆弥のチャート倶楽部 2018スペシャル <新春特別企画>の二つの記事から興味を持ちました。

前者は「【世界初の酸化Ga型開発のタムラ製は安値買い】

さらに、直近大きく水準を切り下げたタムラ製作所 <6768> も安値買いのチャンスとなっている。同社は半導体開発のベンチャー企業と共同で、世界で初めて酸化ガリウム製のトランジスタ開発に成功している。シリコン製の半導体素子と比較して消費電力を最大1000分の1に削減できるという画期的なものだ。22年にもトランジスタの量産開始を目標に置いており、近い将来、同社の成長期待が一気に膨らんでくる可能性がある。」

後者は「テーマ・材料株ではタムラ製作所 <6768> を挙げておく。電子部品が好調で業績も順調、そして次世代半導体材料を内包しており将来性もある。」

と紹介されてます。

タムラ製作所は、東京練馬区大泉に本社があって、今はどうかわかりませんが、私が沿線に住んでいた当時、(中高生の頃なら20年前!)

よくドア横の車内広告を見ていました。それで都心になくても、大手じゃなくても世界に通用する技術の会社があるんだな、子供なりに印象が残ってます。

お洒落なイラストレーターが描いた絵の広告だったと思います。

というわけで、なんだか親近感もあり。

配当金は高くないですが、チャートみるとずっとあげてきて、今回で大幅な調整が入った感じ(このまま全体相場が持ち直せばですが)。

タムラ製作所(6768)

トランス、リアクター大手。はんだ材料、絶縁膜、子会社でLEDも展開。海外生産が7割強

連結事業

電子部品関連65(5)、電子化学実装関連30(13)、情報機器関連5(8)、他0(-7)【海外】55 <17・3>

【株主還元】

・配当利回り 1.24%

(配当落日 ;18/3/28、18/9/26)

・株主優待 なし

【投資指標】

・株価 723円(100株)(2018年2月16日現在)

・PER(株価収益率) 16.5倍
・PBR(株価純資産倍率) 1.43倍

・EPS(一株当たり利益) 43.49円(2018.3期予想)

・自己資本比率 51.3%<連>

・売上高 84700百万円 (2018.3期 予想)

・経常利益 5400百万円  (2018.3期 予想)

こうしてみると、投資指標からみたら、けして割安株ではないのかな、という点は気になります。

そして、何よりこの業界についてよく理解できてないのも、不安要素。

ほかにウォッチングしているのは、双日〈2768〉とか、スカパー〈9412〉です。

このあたりの銘柄だと単価が低いので、複数単元買いできるのがメリットです。

今週は、何か買いを入れて、短期で利益とりたいです。

ブロガーさん達の動きも見つつ↓いつも参考にさせていただいてます。

にほんブログ村株ブログ
にほんブログ村女性投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です