2/6 売買記録 アマダHD売却

株価続落の中、たまたまお休みだったこの日、ちょこちょこ株価を見ていて、あまりの下落ぶりに売却。売却益は、含み益ピークの3分の1でした。あまりの下落ぶりに売却しましたが、6日のほぼ最安値でした、その後上下してますが、9日金曜の終値までで、私の売却値を下回っていません。。。

急落に備えたい、と口では言っていたものの、

損切り価格の再設定をしていませんでした。

そのため、いわゆる恐怖におののいて売却というコースをたどりました。

損切り価格は、購入時に損失額を手持ち資金の1-2%以内に抑えるために決めてますが、

含み益増えてから、再設定し直してなかったです。

この下落で含み益なのは、株主優待の割引カード目的の伊勢丹三越、アマダHD、ドンキホーテ、みずほ銀行。つまり夏までに購入した銘柄だけ。

全資産のトータルがマイナスになる前に、売却益確保したいというのが、売却理由でした。

ちなみに、損切り価格決めてますが、この急落にルール丸無視してます。。。

一貫性のある投資をしてこそ、確率論からトータル勝率を高めるっていうセオリーは全く通用しなくなってしまいますね。

12月、1月は高値圏とわかりつつ、期待先行でどんどん買ってたなと振り返ってます。


<売却>アマダHD<6113>

売却額 1,446円×100株-手数料324円=144,276円

実現損益 +9,952円 +7.4%

参考;購入額 2017/6/8 134,324円

株ブロガーさん達は意外と冷静な方が多くて勉強になります!↓

にほんブログ村株ブログ
にほんブログ村女性投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です