楽天セミナー 参考にしたい投資戦略

18日に楽天証券セミナーに参加しました。
元日本株のファンドマネージャーで、その歴は25年という窪田氏。
ファンドマネージャー時代の運用スタイルや参考すべき具体的な銘柄の紹介があり、覚書しておきたいと思います。 

窪田氏は、楽天証券 投資情報「トウシル」で毎日更新されている「3分でわかる!今日の投資戦略」のコラムを月~木に配信担当されている方です。

窪田氏のファンドマネージャー時代の運用方針
<コア・サテライト戦略>
コア・ポートフォリオ=割安株に長期投資
サテライト・ポートフォリオ=成長株で短期トレーディング

成長株の候補
・「高」成長市場→ゲームチェンジで伸びる市場 (自動車/EV,自動運転)(人手不足/AI,ロボット)(流通/EC)(金融/フィンテック)(共用/シェアリングテクノロジー)(医薬品/バイオ)
・「高」シェア
・「高」参入障壁
※成長株でも売られている株の一例として、パーク24

割安株の候補
・高配当利回り(人気がない、値下がりしているから割安)
・PER(株価収益率)の低い株
・PBR(株価純資産倍率)の低い株
・株価下落率の高い株
・ゲームチェンジ負け組と誤解される株
※「ゲームチェンジ負け組と誤解される株」の一例として、メガバンク3行を上げていました。0金利政策による収益悪化やフィンテック台頭などにより、銀行は終わったかのように誤解されているが、メガ3銀行は、国際業務など特異な業務を果たすポジションをとっており、その地位は案外しっかり確立されている。メガ3行は三菱UFJ FG、三井住友FG、みずぼFG

感想と今後のこと

株子さんの年間目標利回り7%、配当だけでは達成できないので、
窪田氏がファンドマネージャー時代に行っていた投資戦略を参考にしたいと思いました。
運用資産のうち、長期保有目的と短期売買目的の配分が、今どうなっているのか、今後どうするべきか見直したいと思いました。

成長株は、Kabutanでよく成長株特集をやっていて、テーマと銘柄をザクっとウォッチングはよくしています。耳慣れない企業は、つい、通り過ぎてしまいがちですが、一つ一つ検証して、買い時に備える姿勢が大事と気づきました。情報のストックが大事ですね。
重要視されていたのに、見過ごしていたPER、PBRの指標にはもっと注目していきたいです。

知りたいことやりたいことが山積みになってしましました。うれしい悲鳴ですね。
たくさんの企業や世の中の動きを知ることが、株式投資をする醍醐味でもあると思うので、さらにさらにどっぷり浸かっていこうと思いました。

※余談
パーク24は、以前、Kabutanの記事で、シェアリングエコノミー有望株の一例として紹介されていたことがあり、株価検索したところ、週足で、ずっと下がっていたので、底値で拾いたいなーとウォッチングしていた銘柄でした!
余剰資金が少ないのですが、ここ数か月で気まぐれで買った銘柄を整理して、買ってみたい気もしています。

いろんなヒントを下さる株ブロガーさんたちのブログはこちらでチェック!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です